ちょっと手間をかけて暮らしを楽しむと、地球にも優しいロハスな生活空間が心地良さを誘います♪♪♪
by coco_lohas
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
= Link =
お気に入りブログ
ナチハマ戸締り役コラム
garden garden
ガーデンひぐらし Blog
八ヶ岳南麓週末日記+α
星とあなたと私と
粉ごはん*
ときどき 八ヶ岳 by BO
ひだまりの庭 ~ヒネモス...
オーガニックに生きる~イ...
森の香りにつつまれて・・...
ブルーベルの林から
かわせみリポート
ライフログ

オーガニックでここまでできる!「シーズンズ」の庭づくり12ヶ月


井原豊の無農薬・旬の野菜づくり (園芸ハンドブック)


仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識


イギリス式キッチン―丸ごと料理でいつもキレイ!

カテゴリ
全体
つぶやき
美味しい~♪
体に優しい
自然の恵み
お役立ちグッズ
ハンドメイドソープ
お教室タイム
原村にて
家づくり

小屋の魅力
オーガニックガーデン
オーガニック畑
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

秘蔵の名品 アートコレクション展 in ホテルオークラ

今日は、高校生当時留学先のミネソタでひょんなことから知り合った3人(3人とも別々のプログラムで来ていておまけに住んでいた地域も違っていたのに・・・)が集まったのでした。
うち一人が、オークラで催されているアートコレクション展のチケットがあるから~と誘ってくれたのでした。
それにしても、出身地の違うこの3人がよりによって3人とも会える範囲に住んでいることが不・思・議!!
さてさて、サラダバー付きのランチをいただいた後にまずは、ホテルオークラ本館の真正面にある「大倉集古館」へ。 
f0079289_21363039.jpg


ここは大倉喜八郎が創立した日本最初の私立美術館です。
明治から大正にかけて、中国・タイ・インドなどの古来の国宝級美術品や陶磁器、絵画など大変価値のある美術品が集めてありました。
f0079289_21373350.jpg

f0079289_21381239.jpg

私はどうも歴史が苦手だったので、年表が全然頭に浮かんできません!
余談ですが地理は好きだったんです。
私がもし今高校生だったら・・・大学受験できな~~~い!!!
(どうして、世界史と日本史のどちらかしか選べないのかしら???)
年号を覚えなきゃいけないという思いが歴史の面白さを半減させていたのかも??
もっと、違う切り口から歴史を学んでいたら・・・
なんて、しこたま歴史が不得意だという理由付けをしても始まらない!

やっぱり歴史を知っていれば、こういう美術品を見たときに面白味が違ってくるはずです。
こんな私でも、さすがに陳列されている品々が凄いものだというのは実感しました。

その後、オークラ別館で催されていた絵画のコレクション展へ。
こちらは、日本やヨーロッパの巨匠と呼ばれた画家の作品が展示されていて、その中で目を引いたのが、「藤田嗣治」の絵でした。
細く淡いタッチで描かれた猫の絵を従妹の家で見せてもらったことがあり、その絵は何と彼、藤田嗣治自身から祖父へプレゼントされたものだったと聞きました。
それを思い出したのでした。

藤田 嗣治(ふじた つぐはる、Leonard FoujitaまたはFujita, 男性, 1886年11月27日 – 1968年1月29日)は東京都出身の画家・彫刻家。現在においても、フランスにおいて最も有名な日本人画家であり、明治以降の日本人芸術家で藤田嗣治ほどの成功を海外で収めたものは他にいない。猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びた。エコール・ド・パリ(パリ派)の代表的な画家である。 (Wikipediaからの抜粋)

しばし芸術に触れて感性が磨かれたかどうかは??ですが、その後たまたま入ったのがスターバックスではなくタリーズの日本版 ” KOOTS Cafe ” 
f0079289_21384561.jpg

抹茶ラテやらゆず茶やら小豆パフェやらオーガニックティーやら・・・
ジャパニーズスタイル!
タリーズの日本版があったなんてしりませんでした。
都内でもまだ数店舗と何故か鹿児島に1店舗あるのみです。
時間を忘れて話しに興じる3人でした。
[PR]
by coco_lohas | 2007-08-24 21:43 | つぶやき