ちょっと手間をかけて暮らしを楽しむと、地球にも優しいロハスな生活空間が心地良さを誘います♪♪♪
by coco_lohas
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
= Link =
お気に入りブログ
ナチハマ戸締り役コラム
garden garden
ガーデンひぐらし Blog
八ヶ岳南麓週末日記+α
星とあなたと私と
粉ごはん*
ときどき 八ヶ岳 by BO
ひだまりの庭 ~ヒネモス...
オーガニックに生きる~イ...
森の香りにつつまれて・・...
ブルーベルの林から
かわせみリポート
ライフログ

オーガニックでここまでできる!「シーズンズ」の庭づくり12ヶ月


井原豊の無農薬・旬の野菜づくり (園芸ハンドブック)


仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識


イギリス式キッチン―丸ごと料理でいつもキレイ!

カテゴリ
全体
つぶやき
美味しい~♪
体に優しい
自然の恵み
お役立ちグッズ
ハンドメイドソープ
お教室タイム
原村にて
家づくり

小屋の魅力
オーガニックガーデン
オーガニック畑
以前の記事
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

水関連ファンド

CoCo's Life のHPを始めた時から、地球環境についてはとても気になっていて、やがて食料危機がくるだろうな・・・と考えていました。
ほとんど輸入に頼っている日本なんて危ないものです。
HPのプロフィールにもそんなことを書いたような気がする。
温暖化にかんしては、ゴアさんのおかげでこのところ急速に浸透してきてその効果は絶大だったように思います。

いいぞ!いいぞ!今年の夏の地下鉄の冷房も寒くなりすぎずに適温であって欲しい!と願っているのです。
しかしながら、土地にも限りがあるように(中国のみならず、世界的にかなり砂漠化が進んでいるし)、水にも限りがあるし。このままでは水不足は避けられない状態みたい。
日本ではあまり感じないけれど、温泉も湧くのですから・・・諸外国の水問題はかなり深刻化しているようです。

シドニーでは水道料金は4年間で2倍に上がり、カリフォルニア州では21世紀中に水危機に直面するようです。中国・韓国・台湾などでは、重工業の急成長による国内水源がひどく汚染され、水道水を飲用にする事が不可能に近くなっている。---といったリポートがあります。
多分これから先は水は石油よりも重要なファクターとなります。
~ブルーゴールド~と呼ばれる所以です。

ここしばらくの間、「水関連ファンド」が気になっていて情報収集。
世界的に水関連企業に投資しているファンドは数少ない。

Picte fund Water と SAM Water Fund  と
                Lyxor Dynamic Water Fund

どれも日本では購入できません。ピクテとサムは購入単位も大きいので、
主婦が動かすにはちょっとね・・・

でも、諦めきれないし・・・ここで遺伝子スイッチをON !!!
すると、やっぱりヒットするんですね。 出たてのホヤホヤ情報を見つけました!!!

●日興アセットマネージメントが世界の水関連企業に投資する「グローバル ウォーターF」を来月中旬(6月15日)に設定する というロイターの記事。

 投資内容を読んでみると、な、なんとSAM Water Fund (ケイマン籍円建外国投信)が運用するファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ でした。  ↑ が母体ファンド

ただし、このファンドの販売窓口は滋賀銀行のみです。
日興AMや他の証券会社では販売しません。

●もう一つは、野村證券が販売している、「ワールド・ウォーター・ファンドA」。
こちらはすでに数年前から運用していて、Picte Fund を母体としているファンド・オブ・ファンズでした。すでに運用実績を積んでいて、★★★★★ の出来です。

f0079289_16224328.jpg

これはつぶやきだから、ついでに・・
インドやBRICSの次は、国を考えるなら、トルコが興味アリです。 
以前国家破産まで経験したトルコですが、素晴らしい立ち直りを見せて、今では日本人観光客が目白押し!ツアー客で飛行機の中は日本人だらけらしいです。
つい最近も知り合いのご夫婦がトルコ旅行へ行かれたのですが、とっても良かった!ストリートチルドレンも殆んど見かけなかったし、人々の顔が明るかった!と話していらっしゃいました。
ヨーロッパ加盟国に入るかどうかが今後の焦点かもしれません。

 
得た情報の中から自分で決めて自分でタイミングをみて実行して自分で責任を取る・・・これまでもそうしてきたので!どれもこれも、失敗も含めて経験から学ぶことが多いです!
[PR]
by coco_lohas | 2007-05-17 16:37 | つぶやき